自宅に住みながら自宅を売却できるんです

自宅に住みながら、その家を売却できるサービスがあります。「ハウス・リースバック」というサービスです。所有している家を売却し、売却後はリース契約をしてそのまま今迄と同様に住むというシステムです。 将来的に住んでいた家を再び購入することも可能です。いろいろな事情があって家を売却しなければならないが、売却すると住むところに困る。住み慣れた家を離れるのはさみしい。子供をかかえている家庭では、学区が変わって転校しなければならなくなるかもしれません。そんな悩みを抱えている方に、このシステムを紹介します。

コンテンツ

ハウス・リースバックは売却しても自宅に住み続ける

リバースモーゲージとは異なるハウス・リースバック

ハウス・リースバックのメリット

ハウス・リースバックにはこんな利用のしかたがあります

どこでハウス・リースバックのサービスを受けられるか

任意売却でもサービスを受けられるか

自宅に住みながら自宅を売却するハウス・リースバック

自宅を売却したいのだけれど次のような悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか。

  • 長期ローンの返済が苦しいので自宅を売却したいが、売却すると住む家がなくなってしまう。
  • 自宅を売却して次の家に引っ越しすると、子供の学区が変わってしまう。
  • 老後の資金を準備したいが、自宅を売却して引っ越しをしたくない。
  • 他人に知られないように自宅を売却して資金を調達したい。
  • リバースモーゲージはしたくない。

そのような方に、自宅を売却しても継続して自宅に住み続けることができる「ハウス・リースバック」を紹介します。

ハウス・リースバックは売却しても自宅に住み続ける

悩みを解決するのが「ハウス・リースバック」というシステムです。ハウス・リースバックとは、
所有している家をあらかじめ使用する期間を取り決めて買い取ってもらい、売却後はリース契約をしてそのまま今までと同様に住み続けるというシステムです。将来的にその家を再び購入することも可能です。

リバースモーゲージとは異なるハウス・リースバック

似たシステムに「リバースモーゲージ」があります。
リバースモーゲージは、所有している自宅を担保にお金を借り入れて、一括もしくは毎月お金を手にすることができ、その期間住み続けることができるシステムです。契約満了後または契約者が死亡した時は、債権者が不動産を売却し、売却で得られた金額とその借入金とを清算するという仕組みです。自宅を使って資金を得るという点では似ていますが、仕組みが大きく異なります。

ハウス・リースバックのメリット

ハウス・リースバックには次のようなメリットが考えられます。

買取代金は一括で受け取れます

買取代金は一括して受け取れますので、一時資金として有効に活用できます。日常生活の資金や、ローン返済、事業資金など、使用目的は問いません。

売却してもそのまま済み続けることができる

長年住み続けた自宅に、今まで同様住み続けることができます。賃貸入居の費用や引越しの費用はいらなくなります。近所の人にも売却したことが知れれません。

固定資産税がかからなくなります

所有者ではなくなるため、固定資産税はかからなくなります。固定資産税は、売却先が支払うことになります。

将来的に再度購入することも可能です

一度自宅を売却すると再度購入するのは一般に難しいでしょう。将来資金ができて、長年住み慣れた家に住みたくなった時、再度購入することもできます。

ハウス・リースバックにはこんな利用のしかたがあります

上のメリットを生かして、ハウス・リースバックにはこのような利用のしかたがあります。

住宅ローンの返済が苦しいので自宅を売却したい

自宅を売却すると住む家がなくなってしまいますから、賃貸を探して引越さなければいけません。子供をかかえていると、学区も変わってしまいます。ローンの残債が多いと難しいですが、あまり多くなければ、一度売却してローンを一括返済して、自宅は賃貸で住み続けることができます。所有権の移転だけですから、近所の人に売却したことは一切知られません。将来資金ができたら買い戻すこともできます。

老後の生活費を今から準備しておきたい

年金では生活費をまかなうだけで精一杯。子供たちも独立して家にはいないので老後は老人ホームに行きたいが、老人ホームの入居費用を蓄える余裕がない。自宅を売却して賃貸に移るのもいやだ。そのような時に、ハウス・リーバックで一旦自宅を売却して老人ホーム申し込みの蓄えに回し、自宅に賃貸料を払って住み続けることができます。もしものとき、金銭のことで子供たちに迷惑をかけることもありません。相続で子供たちが争いを起こす心配もなくなります。

自宅を子供たちに残す必要がない。老後を楽しみたい。

子供たちは独立して十分に生計をたてているので、子供たちに資産を残す必要がないというような恵まれた方には、ハウス・リースバックで自宅を売却してそのまま済み、売却した資金で老後を存分に楽しむということもできます。相続で子供たちが争いを起こす心配もなくなります。

他に移転したいので移転費用を作りたい

老後は生まれ故郷に帰って生活したいなど、いずれ移転を考えている人は、ハウス・リースバックで売却して、売却資金で新しい移転先を探して契約することもできます。それまでの間、自宅に住み続けることができます。

どこでハウス・リースバックのサービスを受けられるか

つぎのところでハウス・リースバックのサービスを受けることができます。

ハウスドゥ

 戸建てだけでなく、マンションも可能です。旧耐震基準の分譲マンションでも可能です。

ローンの残債がある場合は、残債金額と家の評価額により可能か判断されます。

再購入の価格は契約時に取り決めて、その価格はずっと変わりません。再購入しなくても構いません。

セゾンのリースバック

マンションも可能です。

売却後の家賃は低額で、初期費用をできるだけ抑えるという方針で、初期費用はほとんどかかりません。

セコムのホームセキュリティを利用して、高齢者見守りサービスを受けることができます。

任意売却でもサービスを受けられるか

「任意売却」の場合は、家賃の支払いも困難になることから、原則として審査してもらえません。

任意売却とは

住宅ローンを払えなくなると、担保である自宅を差し押さえられて競売にかけられます。裁判所のこれくらいで売りたいという基準価格は、時価の70%程度、最低価格は55%程度のようです。時価より低い金額で落札されます。

競売にかけられる前に債権者と相談して自宅を売りに出すというのが任意売却です。市場価格に近い価格で売れるので、残債も少なくなります。債権者も任意売却を薦めることが多いようです。競売では強制退去となりますが、任意売却では引越し時期も相談にのってくれますし、引越し費用を補助してくれることが多いようです。競売にしても任意売却にしても、自宅には住めなくなりますから、ハウス・リースバックの対象にはならないわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする